ヒップホップダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)が学校で必須科目になったというのは、本当なんでしょうか? 実は、2012年の4月より、ヒップホップダンスは中学校での必要不可欠科目の一つになりました。 正確に言うと、「ヒップホップダンスが必須科目になった」のではありません。 「ダンス」が必須科目になったのです。 このダンスは、「創作ダンス」「フォークダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)」「現代的なリズムのダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)」の3種類が用意され、その中の一つを選ぶ事ができるようになっています。 でも、ほとんどの学校が、「現代的なリズムのダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)=ヒップホップダンス」を選択したのだそうです。 これは、当事者である生徒や父兄、学校関係者の間ではたいへん大きな話題となっているものですが、そうでない方たちの間ではあまり知られていないかもしれませんね。 ヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ダンスは体育の授業として受ける事になるので、体育教師の担当となります。 しかし、ヒップホップダンスを教えられる体育教師がほとんどいないのが現状で、その対策として体育教師向けのスクールができ始めています。 また、ワールドリズムダンス協会主催で、ヒップホップダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)の指導者を認定する資格が作られ、指導者の育成が始められているようですー